ビニールコーティング ビニールコーティング ビニールコーティング

ビニールコーティング・ラミネート加工のポーチの作り方

接着芯も断ちはしの処理も、裏地もいらないビニールコーティングのポーチです。慣れてしまえば、あっという間に何個でも作れます。
では、早速、作り方の説明です。

作り始める前に、一度、すべての説明を読んでから縫い始めることを お勧めします。

    
ビニールコーティング
出来上がりイメージ


ビニールコーティングのポーチの作り方

ビニールコーティングのポーチです。
一見難しそうにみえますが、なれてしまえばとってもカンタン♪
なんと、型紙なしで縫えてしまいます。
むしろ、型紙なんてないほうが、型紙に惑わされずにキレイに縫えるといっても 過言ではないと思います。

ビニールコーティングの基本的な扱い方は ビニールコーティング・ラミネート加工の布の縫い方
を参照してください。

ビニールコーティングのポーチの作り方

ビニールコーティングの布を裁断します。
ここでは、某手芸店で買ってきた、ビニールコーティングのカットクロスを そのまま長さ(大きさ)を活かしてポーチを2種類作ってみようと思います。

ここでは、53cm×32cmのカットクロスを使いました。


店頭では、50cm×30cmと書いてありましたが、実際は53cm×32cm ありました。
ほとんどの日本の手芸屋さんでは、実際のサイズよりも大きめに カットしてくれていますよね?




ビニールコーティングのポーチの作り方

ビニールコーティングのカットクロスを写真のサイズ通りにカットします。
「え〜、私が買ってきたのは、53センチ×32センチじゃなかった〜」と いう方のために、長さの解説をしますね。

え〜と、まず、大きいほうの長さ(24cm×32cm)ですが、

24cmというのは、ファスナー付けの部分です。
ここでは、20cmのファスナーを使います。
普通、20cmのファスナーというと、 開き始めのところから、閉じ止まりまでの長さが20cmという意味で、 両端についている部分は含みません。

ここで、ファスナー付けの部分が24cmにしているのは、両端の部分を 含めてだいたい24cmにしているだけなので、もしあなたが買ってきた 布が24cmよりも小さくても22cmくらいあれば、充分です。

そして、32cmという長さですが、これも私が買ってきた布の縦の長さが たまたま32cmだったというだけで、この長さは、ポーチ本体の太さの部分に なりますので、ここの長さもあなたが買ってきた布が32cmよりも小さいからといって、問題ありません。

あなたの布の大きさで作ってください。

そして次に、5cm×14cm という長さですが、これは、四角いポーチの 持ち手の部分になりますので、多少長さが違っても、持ち手の大きさが 多少かわるだけですので、問題ありません。

5cm×9cm の部分ですが、ここは、タグの部分になります。
持ち手と同様、タグの大きさが多少変わるだけですので、ここも、あなたの 布の大きさでかまいません。

一番気にしなければいけない長さがファスナーの長さです。
やっぱり、22cm位は欲しいので、先に、ファスナーのつく本体布を確保してから、余った部分を持ち手やタグに使うと、布に無駄がでません。
もちろん、持ち手やタグは付けなくても、問題ありません。




ビニールコーティングのポーチの作り方

ここでは、先に、四角いポーチを作ります。 四角いポーチは、さっき裁断したこちらの部分を使います。




ビニールコーティングのポーチの作り方

大きいほうの布をさらに半分に裁断します。ファスナーは20cmのものを使います。




ビニールコーティングのポーチの作り方

持ち手とタグを作ります。
持ち手とタグの布の半分に折り目をつけて、 折り目から2箇所に、しつけテープを貼ります。




ビニールコーティングのポーチの作り方

しつけテープの白いところを剥がして、両側からしっかりくっつけます。




ビニールコーティングのポーチの作り方

端ミシンをかけたら、持ち手とタグの出来上がりです。




ビニールコーティングのポーチの作り方

ファスナーを縫います。ファスナーのつけ方は、 ペンケースの作り方を参照してください。




ビニールコーティングのポーチの作り方

底を縫います。底の縫い方も ペンケースの作り方を参照してください。


ビニールコーティングのポーチの作り方

この位置にタグを仮止めします。仮止めは、しつけテープを使います。
注)このあとすぐに、裏側から脇を縫うので、表に返す必要はないのですが、 タグの仮止め位置を解りやすくするために、表に返して写真を撮りました。 みなさんは、ここは、裏をみたまま、仮止めしてOKですよ。




ビニールコーティングのポーチの作り方

ファスナー位置と底中心を合わせて、脇を縫います。タグを挟み込んで いるところは、強度補給のために、2度縫いします。




ビニールコーティングのポーチの作り方

マチを4箇所カットします。




ビニールコーティングのポーチの作り方

3センチ角にマチをカットしますが、かならず、縫い目から3センチとってください。




ビニールコーティングのポーチの作り方

マチを4箇所カットします。
マチをカットしたことによって、脇の縫い目がカットしたところが 返し縫いじゃなくなりました。ほつれやすくなっているので、 念のため、カットしたところは返し縫をしておきましょう。

よく、このタイプのポーチの作り方としていろんな本やサイトで「工」の字型 の型紙をみかけたことがあるかもしれませんが、ここの脇線をほどいて ファスナー部分を上にすると、例のみなさんがよく見かける型紙の「工」の 字になります。

でも、初めから「工」の字型にカットしてから縫うよりも こちらのやり方のほうが、カンタンでしかも仕上がりもきれいで、布も 無駄にしませんので、是非こちらの縫い方を覚えてくださいね。




ビニールコーティングのポーチの作り方

脇のマチを縫いますが、この時、片側(タブを挟み込んでいないほう)には、持ち手をはさんで縫います。
持ち手がずれそうで心配なかたは、このように しつけテープで仮止めしてから縫うとずれません。
(縫うときは、しつけテープの上を縫わないように気をつけてくださいね。)




ビニールコーティングのポーチの作り方

反対側も同じ要領で持ち手をはさんで縫います。持ち手のところは、 返し縫をします。




ビニールコーティングのポーチの作り方

持ち手が付いてないほう(タブがついているほう)も同じようにマチを縫います。
マチの部分をあとからカットしたので、マチがずれてなくて縫いやすいです♪
一般的な「工」の字型の型紙で縫ったことがある人は、ここでマチがずれてしまって困ったなんて経験はありませんか?




ビニールコーティングのポーチの作り方

マチを4箇所すべて縫いました。余分な糸くずをカットして、 ひっくり返したら、完成です。




ビニールコーティングのポーチの作り方

完成♪カンタンだったでしょ?

さ〜。次のページでは、もうイッコのポーチを縫いますよ〜。




サイトMENU

Copyright (C) 2008手作り生活応援隊 by tomo ishii , All Rights Reserved.
写真素材ミントブルー